開と桜の中学受験日記

兄の開は2019年にサピックスから御三家に奇跡の合格。現在は、深海魚で大苦戦中。妹の桜は、2020年の中学入試で大苦戦し、かろうじて、滑り止め校のみに合格。二人の受験や中学校生活についてつづります。

国語の偏差値は簡単に上がる




高3鉄男が、国語で偏差値19をとったので、それをなんとかすべく、
実家に行って、小6の時に、国語の神様、神先生からもらったプリントを探していたのですが、見付けました!


これぞ文字通りお宝です。


中学受験でのセオリーですが、大学受験でも、そのまんま使えそうです。
国立2次の国語は、「どうしてですか?」「どういうことですか?」と、
理由や言い換え問題のオンパレードで、中学受験と大差ありません。


鉄男にそのプリントを渡し、とにかく感覚で解かずに、神先生のセオリー通りに解くように言いました。


鉄男もさすがになんとかしないといけないとおもったのか、素直にプリントを受け取って、自らもまとめていました。


そして、先日模試を受けて自己採点したところ、現代文は、1つのミスで済んだとのことでした。(それも語句)


古文と漢文がイマイチなので、何とも言えないが平均は超えたのではないかとのこと。
(レベルが低くてスミマセン)


神先生、ありがとう!


国語に関しては、中学受験での文の読み方や解答の書き方は、
そのまま大学受験でも使えます。
一生ものです。


そして、先日模試を受けて自己採点したところ、
現代文は、1問ミスで済んだとのことでした。(それも語句)
古文と漢文がイマイチなので、何とも言えないが平均は超えたのではないかとのこと。
(レベルが低くてスミマセン)


神先生、ありがとう!


国語に関しては、中学受験での文の読み方や解答の書き方は、
そのまま大学受験でも使えます。
一生ものです。


ここでしっかり解き方を身に付けておくと、6年後ラクですよ ♪