鉄男と緑の中学受験日記

兄の鉄男はサピックスから鉄緑会の指定校へ進学。妹の緑は日能研から大学附属校へ進学。二人の中学受験日記をつづります。

鉄男、第1志望校を受けられない⁉️


鉄男は国語が苦手で、サピックスで神先生に
個別にみてもらうことになったのは、
以前、ブログに書きました。



何回か見てもらった後に、
神先生から電話がありました。


「鉄男君は、物語文が全然読めませんね。
感覚で読んでいて、選択肢については、
普通は選ばないものを選んでいて、
全然、惜しくもありません。
国語だけに関して言えば、
今の志望校には、届かないかもしれません。
**中(今通っているのとは別の鉄緑会指定校)
なら確実に届きますが、どうしましょうか?」


これを言われたのが、小6の7月に入ってすぐ。


第1志望校は、すでに決めていて、
GS特訓も受けていました。(無意味でしたが)


鉄男は、第1志望校80%偏差値にも
余裕で届いていたし、
SOでは、Aが良い時もBが良い時も、両方同じ
時もありましたが、
この第1志望校は合格の可能性は、いつも
80%でした。
むしろ、**中の方は、80%じゃない時も
ありました。


「どうしましょうか?」と言われても、


志望校変更など、そんな重要なことを、その場で、

私ひとりでは、到底、決められないので、

1週間後、神先生から再び電話をいただくことに。


鉄男は、
第1志望校は、変更したくない
もし落ちても後悔はしないから」と。


しかし、私達、親としてみれば、
第1志望校に落ちた時に、
やっぱり神先生の言った通り、
**中にしておけば合格してたのかな?と
後悔しそう…


いくら話し合っても、家族だけでは
結論が出なかったので、
サピックスの教室長面談
申し込みました。


教室長は、
「鉄男君は、あきらかに、**中、向きです。
校風も問題傾向も合ってます。
今の志望校の問題傾向は、鉄男君には、
あまり合っていません。」と。


やっぱり、向いてないのか…



ハゲるほど悩んで、
   



   



   


出した結論は、


   



   

 



第1志望校は変えない。


今のまま行く!



1週間後、神先生にそれを伝えると
「分かりました。それでは、イバラの道ですが
頑張りましょう。
志望校が求める解答技術を身につけて行くのですが、
今からやらないと間に合わないので、
次回までに○○年の過去問を解いてきて下さい。」



第1志望校は、手堅く決めたつもりだったのに、
イバラの道と言われてしまった…



春の面談は、理系の先生で、その時は、

「第1志望校いいと思いますよ。併願校も含めて

これでいきましょう。」と、

ゴーサインが出ていたのに。


神先生と教室長は文系の先生です。


この辺りの分析は、先生の専門の教科に

よっても意見が分かれるのでしょうか?


セカンドオピニオンは、理系と文系の先生の

両方から意見を求めても良いかもしれません。


ただ、問題傾向に関しては別ですが、

校風については、親や本人の直感の方が

正しいかと思います。




なので、鉄男は、サピックスの指示より先に、
神先生の指示で、
夏休み前から第1志望校の国語には着手して、
神先生に個別にみてもらっていました。



今思うと、アルゼロでもない鉄男が、なんで、
そんな特別なことをしてもらえたのか不思議です。



よっぽど国語ができなかった?

今は、サピックスは過去問添削も薄くなってきて

いるとも聞くので、ラッキーでした。



コチラでは、「まずは過去問」の勉強法が

効率的と書いてあります。

↓ ↓ ↓


ずるい暗記術―――偏差値30から司法試験に一発合格できた勉強法


過去問に取り組む時期ですが、

塾にもよりますが、一般的には、9月以降に

取り組むように指示があるかと思います。

でも、

国語夏休み前から着手しないと、
間に合わないなら
国語以外もそうだろうと勝手に判断し

うちは、他の過去問も夏休み前から着手
しました。



算数の過去問については、前にも書きましたが、
まさかの不合格にならないために - 鉄男と緑の中学受験日記


フライングして取り組んでいたので、
入試問題研究所 の過去問分析表
http://iee96.com/
役立ちました。


過去問はフライングがちょうど良い!


立体切断はサピックスからも教材の紹介が
ありましたが、そちらは値段が高かった
記憶があります。
コチラは安価でおススメです。
↓ ↓ ↓

緑はコレで立体図形が得意に

なりました。

↓ ↓ ↓





最後に、
神先生から
「それと、鉄男君は、素材文を映像化しないで
読み進めています。
夏休み中でも良いので、時間がある時に、
コレをしてください。」と言われる。



鉄男は、それをしたら
国語の偏差値が爆上げしました。



その詳細は、また次回…