開と桜の中学受験日記

兄の開は2019年にサピックスから御三家に奇跡の合格。現在は、深海魚で大苦戦中。妹の桜は、2020年の中学入試で大苦戦し、かろうじて、滑り止め校のみに合格。二人の受験や中学校生活についてつづります。

2021年 オンライン入試


文科省は、大学に対して、オンライン面談やスポーツ実技動画の提出など総合型選抜(AO入試)や推薦型選抜(推薦入試)で積極的な対応を要請していますが、
大学のみならず、中学・高校入試でも同様の対応を要請する方向のようです。


9月入学についても、議論されていますが、その結論を待つ前に、学校側は、入試の準備をしないとですよね。


特に、帰国入試は、例年、国内では11月から、海外では10月頃から行われていますが、
入試まで、半年を切っています。
入試のための一時帰国も難しいでしょうかでしょうから、帰国入試は、オンラインでの実施が検討されているようですね。
帰国入試ですと、TOEICや英検などのスコアも見ることができますし、オンライン入試が比較的やりやすいかもしれませんね。


一般入試においても、受験人数の分散や科目数を減らすなどが検討されているようですが、
あまり人気がない中堅以下の学校では、元々、英検何級や漢検何級で加点といったことをしているかと思いますが、
そういう学校は、今後、オンライン入試プラス特技や資格での選抜も検討しているみたいですね。



入試の時期に、コロナの状況がどうなっているか分かりませんし、
入試の形もどうなるかわからないので、
どのような形になっても、不利益にならないように、
検定や資格など、取得できるものは取得しておいた方が良いかもしれませんね。
今現在は、多くの資格試験が延期されていますが、
特に小5以下の受験生は、再開されましたら、取れる時に取っておくと良いかもしれませんね。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

コメントは必須項目です。