鉄男と緑の中学受験日記

兄の鉄男はサピックスから鉄緑会の指定校へ進学。妹の緑は日能研から大学附属校へ進学。二人の中学受験日記をつづります。

算数の偏差値60超えの方法

この計算、瞬時にできますか? 
17÷0.5=


偏差値60の壁とよく言われます。


お子さんが、瞬時に解けるようなら、この先は読まなくても大丈夫です。


算数の偏差値32(日能研偏差値)の緑の場合 、
模試では、大問1からミスをしている。
正答率80%以上の問題でもミスがある。
ミスさえしなければ、何十点もアップするのに…
そう伸びしろはあるはずだ。


算数のサピックス偏差値70越えすることもある鉄男と、
算数の日能研偏差値32の緑は、
一体、何が違うのだろうか?


数の概念?
センス?


二人の模試を比較して、分析すると、


鉄男は、計算が早くて正確
緑は、計算が遅いうえにミスが多い


分かった!


二人の違いはコレでした。


17÷0.5=


この計算
鉄男は、秒殺でした。
緑は、筆算してました。


17÷0.5=17×2=34
瞬時に、÷0.5 =    ×2 になるかどうかが二人の違いだったのです。


緑には、まずは大問1がノーミスになるように、
*12×12 などの平方数を暗記
*9×3.14 などの円周率を暗記
単位換算 などを暗記したり
裏技 などを駆使して
暗算力をつけ
早くて正確な計算ができるようにしていきました。


暗算力がつき、
計算が早くて正確になると、
大問1でミスしないだけでなく、処理能力がアップして、後半の大問にも時間がかけられる様になり、
みるみる偏差値がアップしていきました。



算数の偏差値を上げたいなら、暗算力!



秘伝の算数―算数の世界を楽しく極める (入門編(4・5年生用))


10才までに身につけたい算数センス 実践!ドリル 図形編 (きっずジャポニカ・セレクション)


中学受験算数 計算の工夫と暗算術を究める 改訂3版 (YELL books)