鉄男と緑の中学受験日記

兄の鉄男はサピックスから鉄緑会の指定校へ進学。妹の緑は日能研から大学附属校へ進学。二人の中学受験日記をつづります。

算数の偏差値は、G(上位クラス)に行くと下がる?


以前のブログで、緑がG(上位クラス)に上がった
ことをと書きました。
小4(1月) 緑はGに上がれるか? - 鉄男と緑の中学受験日記


日能研のGクラスとは、サピックスでいう
アルファクラス、つまり上位クラス
Wクラスは、サピックスでいうアルファベット
クラスみたいな感じです。



しかし、
Gに上がれて、喜んだのも束の間、
Gに上がってから、成績が下がる一方の緑。


日能研のカリキュラムテスト、通称カリテは、
G(上位)クラスは応用、Wクラスは基礎受験と
なり、算数と国語は、テストの問題が異なります。
150点中、100点は共通問題で、 GもWも
同じ問題を解きますが、残りの50点は、
Gは応用、Wは基礎となり、問題の難易度が
異なります。


なので、 Gになり、応用の点数が取れないことは
承知の上で、それは全然構わないのです。


問題の難易度も違うし、母集団のレベルも
違うので、評価が低くなるのは当然ですから。


ただ算数に関しては、共通も、 Gに上がって
からは、全然点数が取れなくなって
しまいました。


基礎受験の時は、算数の基礎は、いつも大体
満点の50点で、共通は大体80点といた
具合でした。


ところが、 Gに上がってから、
共通が60点から70点位しか取れなくなりました。
ヒドイ時は、50点台もありました。


カリテの国語の基礎は、テキストと全く同じ
問題が出て、応用は初見の問題が出ます。


テストなのに、テキストと全く同じ問題って
どうなんだろう?と思っていたので、


国語に関しては、点数は取れなくても、
応用受験の方が、むしろ良かったのですが…


問題は、算数です。


今までは、テストが始まったら、先に基礎を
手早く解いて、残りの時間は共通をゆっくり
解いていましたが、
応用受験になってからは、先に共通を解いて、
次に応用を解いているみたいなのですが、
いつも時間が足りなくなり、最後まで
着手出来ないとのこと。
もちろん見直しの時間なんてありません。


応用はどのみち、あまり解けないんだから、
応用は、計算問題が取れればヨシとする。
1分考えて分からなかったら、深追いしないで、
次の問題に行く。
前みたく、共通で80点を目指そう。
などと、いくつか提案してみても、結局、
共通も取れないまま。


共通の問題も GとWは、違うんじゃない?
ってくらい、以前と比べて点数が全く
取れなくなってきました。


数ヶ月後には、 Gは通う曜日が1日増えることに
なっていて、その曜日は、習い事があるから
そしたらWに戻ろうねと話していたんだけど、


私は今すぐWに戻って、
基礎をしっかりやらせたくなり、
緑に、Wに戻ることを提案すると、
かたくなに、
それはだけは、絶対イヤ!
だったら塾やめる」と。


理由を聞くと、
みんなにクラス落ちしたと思われるから
とのこと。


クラス落ちも、時間の問題と思われますが…


私がWに戻らせたい大きな理由が、
Gの算数の宿題
同じ Gとはいえ、生徒の算数のレベルは
まちまちです。
算数が稼ぎ頭の子がいれば、算数は
苦手だけど、他で引き上げてGにいる子もいます。


そもそも
ゴール(志望校)も能力もバラバラなのに、同じ宿題
課すこと自体が不可解だし、
もっというと、宿題ノートを作って、それを提出
というのが公立の小学校並み。


勉強くらい、好きにやらせてよって感じ。



その
宿題
というのが、


カリテの間違った問題の中から、正答率の
低い順に3問解き直すというもの。


私は、最初、緑が正答率の高いと低いを
聞き間違えていて、間違った問題の中から
正答率の高い問題を3問やるのかと思ったら、
緑の言う通り、正答率の低い問題で合って
いました。


まずは、何も見ないで解いてみる。
どうしても分からなかったら、模範解答を
写しても良いとのこと。


一番低い正答率って、大体1桁です。
3%とか。
そんな問題、緑にとっては
捨て問ですよ。


そんなの解き直しする意味ある?


先生の考えは、今のうちから難問に触れて
おかないと、応用力が付かないということ
らしいのですが…


先生の言いたいことも分からないでもない。
でも、それは、
根本的な理解が出来ていて、捨て問題が許さないような学校を
受験するには有効なんだろうけど、


御三家などの受験を考えていない
今の緑にとっては、難問に触れるよりも、
しっかり基礎を固める方が大切と考えて、


先生に
「緑はまだ基礎がしっかり定着していないので、
正答率の高い方から3問解き直しします」
というメモを書いて、
正答率の高い問題の解き直しをやらせました。


緑は、
そんな人、他にいないからヤダ」だの
先生に嫌われる」だの文句を
言っていましたが、とりあえずメモと一緒に
宿題を出すと、


先生からのコメントが返って
きました。


「了解しました。
お時間がある時は、ぜひ
正答率の低い問題も
解き直ししてみて下さい」
と、書いてありました。


ん⁉️

時間の問題では、ないんだけど…


それって、
「パセリは飾りだし、苦手な味なので、私は
食べません」
って言ったら、
「分かりました。でも、お時間ある時は、
ぜひパセリも食べてね」
って言われた感じで、


なんだか話が噛み合ってない気が。


そういう宿題を出す先生だから、
授業でも、灘やラサールの入試問題を
解いたりしているらしく、
緑は、予習をしているとはいえ、初めて習う
単元なので、一足飛びにそんな問題を扱うと
混乱するだけで、
Gに上がり、またまた、塾で何を習って来たの?状態に
戻ってしまいました。


この頃は、2ヶ月に1回のクラス替えでしたが、
緑と話し合った結果、クラス替えではない
タイミングなら、クラス落ちしたと思われない
かもしれないので、その時ならWに行っても
良いということになり、緑の気が変わらない
うちに、


塾の先生にWに戻りたい旨を話すと、
あっさり、
「他にもそういう子いますから」と、快諾。


なんだ!
だったらもっと早く戻れば良かった。
っていうか、そもそも 御三家を受験する
つもりもないんだし、Gに行かなければ
良かった。


ただ、受験票の手続き上、本来のクラス替えの
タイミングまでは、応用受験をして欲しいとの
ことだったので、Wに戻ってからも、何回かは
応用のテストを受けました。



結果は…



ご想像通り⁉︎




Wに戻ったら、




成績が上がりました笑
(成績に変化があったのは、算数のみですが)



算数が苦手な子が
G(上位クラス)に行くと、
成績が下がる?



Gは、算数が苦手で、御三家などを受験する予定のない緑には向いていませんでしたが、
合う子がほとんどだと思っております。
Gや上位クラスを否定しているわけでは
決してありませんので、ご承知おきください。



根本的な理解にはコチラ
↓ ↓ ↓


サピックスの基礎トレは、素晴らしいです。
他塾で基礎トレが手に入らない場合は、
下剋上算数がオススメ

↓ ↓ ↓

家に居ながらテキストを売る

受験が終わり、今は断捨離の真っ最中。


まずはリビング
緑の受験関係のテキストや小学校の教科書などを
捨てるもの、取っておくもの、売るもの3つに分類し、
代わりに英語のテキストを入れたり、これからもらう
中学関係のものを入れるスペースを確保。
鉄男のテキストも、同様に3つに分け、先輩にもらった
大学受験のテキストを入れたり、これからもらう
高校関係のものを入れるスペースを確保しました。


受験関係のテキストは、全然使っていないものも
大量にありました。
いかに無駄が多かったか思い知らされました。


売るものを更に、人にあげるものと売るものに分類。
ついでに、ゲームのソフトやDVD、本なども、
もう使わないものは売ることにしました。
その量、段ボール、5つ分!
とてもじゃないけど、重くて持って行けないので、
宅配買取サービスを利用しました。
結構な金額になり大満足!
家がキレイになった上に、お小遣いも稼げて
断捨離、最高!


自宅にいながら売れるので便利です!
テキスト売るなら、
ブックオフ宅配買取サービス 送料無料 今なら25%アップ

↓ ↓ ↓

LSキャンペーン情報


以前、こちらのブログに書きましたが、
テキスト収納法 - 鉄男と緑の中学受験日記


リビング学習テキスト管理には
コチラ
オシャレな上に扉つきなので、過去問など、
見られたくないものを隠せるすぐれものです。
↓ ↓ ↓

ディスプレイラック



次に緑の部屋
今まで使っていたタンスが使い勝手悪いので、
思いきって処分することにし、
代わりに
鉄男が使っているクローゼットと同じものを
購入しました。
緑は、衣装持ちなのに、片付けが下手なので、
今までは、タンスから洋服があふれていました。
しまい方も上手じゃないので、着たい洋服が
シワになっていて着れないなんてことも。
でも、
このクローゼットだと、沢山収納でき、
シワにもなりません。
早速、制服やブラウス、ワンピースやコートを
収納してみましたが、とってもいいです。
男女ともに、制服の収納にはもってこいです。



シワにならず沢山収納できて便利

今なら50%OFF
↓ ↓ ↓

木製パネル頑丈クローゼットハンガー



収納家具をお探しならココ

今なら大型商品送料無料です!

ベルメゾンネット

偏差値40台で麻布合格⁉ 〜志望校の選び方〜


2020年度用の過去問が一部
声の教育社から発売されています。
↓ ↓ ↓


2麻布中学校 2020年度用 10年間スーパー過去問 (声教の中学過去問シリーズ)



7女子学院中学校 2020年度用 10年間スーパー過去問 (声教の中学過去問シリーズ)




コチラは、
四谷大塚の2019年中学入試分析資料集です。
↓ ↓ ↓
https://www.yotsuyaotsuka.com/njc/documents/nyushi/siryou_2019.pdf


お時間がある方、
15ページを見てみて下さい。


麻布を見てみると、
四谷大塚偏差値が51の子が受かっていることが分かります。


四谷大塚偏差値51は、
サピックス偏差値では40台だと思います。


偏差値40台で麻布合格です!


こんなこといったらなんですが、
この子は、入学後は、かなり大変だと思います。


ある意味、落ちた方が幸せだったかもしれません。


前回のブログで
まさかの不合格にならないために - 鉄男と緑の中学受験日記
模試はクロールで、入試はバタフライだと書きました。


開成校長先生も言っていましたが、
入学試験とその後の学校の成績は
相関性がないとのこと。


私もそうだと思います。


入学試験はバタフライで、学校の成績はクロールなので、
相関性はありません。


クロール⁉️
そうです。
学校の成績はクロールなので、模試と相関性があるのです。


つまり、
持ち偏差値と入学後の成績は
相関性があります。
持ち偏差値が低い子は、入学後、深海魚になる可能性が高いのです。
(英語ができるなら別ですが)


鉄緑会の指定校のような学校の
成績上位層の子達は、
一度見たり聞いたりすると忘れなかったり、
処理能力が半端なく高かったりします。


なので、
勉強時間が少しでも、高得点が取れちゃうのです。
現に鉄男の学校でも、成績が上位の子は、
スポーツや芸術面でも秀でています。


そんな中、
奇跡の合格で入学すると、
学校生活がエンジョイできない恐れがあります。
附属校ならまだいいですが、麻布みたく東大に沢山入るような学校だと、
入学後が思いやられます。


志望校を選ぶ基準の1つが偏差値です。
偏差値は度外視という人がいますが、
うそつけー
という感じです。


戦略をたてる上で、偏差値はとても重要です。


かといって
出来るだけ高い偏差値の学校に
行くことだけを
目標にするのも危険です。


我が家は、
鉄男も緑も入学後、
成績が半分より上に位置して、
学校生活をエンジョイしてもらいたかったので、
第1志望校は、80%偏差値が、
持ち偏差値より2〜3下の偏差値の学校を選びました。


また偏差値は、80%偏差値にのみ目が行きますが、
実は、50%偏差値の方が大事です。


先程の四谷大塚の資料の15ページを見て下さい。


麻布は74から51までが合格していて、平均は63.7
一方、
駒場東邦は71から57までが合格していて、平均は64.5
80%偏差値では、麻布の方が駒場東邦より上ですが、
低い偏差値で入りやすいのは、実は麻布ということが、
この資料から分かります。


80%偏差値のみ見ていると、
戦略を誤ります!



我が子がそうですが、
第1志望校が射程範囲内だと、油断をするタイプは、
ダミーで偏差値の高い学校も志望校に入れておくことを
オススメします。



次に
進学校か附属校か


鉄男は算数が得意だったので、大学受験で国立もいけるとよんで、
鉄緑会の指定校を選びました。


緑はマイナースポーツを本格的にやっていたので、
入学後は勉強に縛られず、やりたいことに取り組めるように
附属校を選びました。


鉄男は、サピックスの国語の神先生と教室長から、
今、通っている学校とは違う鉄緑会の指定校をオススメされましたが、
結局、そちらは受けませんでした。
親から見ると、今、通っている学校の方が
鉄男に合ってると思ったので。
今、鉄男は楽しく学校に通っているので、私達の見立ては
どうやら正解だったようです。


緑は、最初は違う附属校にしようと思いましたが、
入学試験の日に面接があるのがネックで辞めました。


当日面接
そんなことで?
と思われるかもしれませんが、


入試の日の朝は、ただでさえバタバタしているのに、
お弁当を作り、そして親子共々身支度を整えて、
せっかくキレイにしたのに、
面接前にお弁当をのオカズをこぼして、
面接の勝負服を汚されたらヤダな…
などと考えていたら、
当日面接は無理だわと思い、
違う附属校に変えました。


附属校の多くは面接がありますが、
当日に面接がないところもあります。
面接があると、午後入試も受けられないので、
そういう点もチェックしてみてください。



そして併願校は、持ち偏差値より10くらい低い所を組みました。


子どもの集中力緊張感モチベーションは、
何日も持続しないので、
第1志望校ピークを持っていけるように
受験スケジュールを組みました。


なので、
併願校は、80%くらいの力でも受かるところと
入試問題にクセがなく、
特別な対策の必要がない学校
を選びました。


当日のメンタル体調次第で、
本番は、実力が80%しか出せないなんてことは
ざらに起こります。


第1志望校の対策に集中したかったので、
併願校は手堅く組みました。


1月校ですが、
1月は模試もなくなるので、1月校は
直前の立ち位置確認と捉えて、
点数開示がある学校を受けました。


鉄男は、1月校は合格はしましたが、
理社がかなり悪かったです。
でも、それが分かったことが、
2月校の合格に繋がったと思っているので、
点数開示、本当にありがたかったです。



入学がゴールではないので、
入学後も見据えて
志望校は、選びましょう!



もうすぐ卒業式・入学式ですね!
卒業式や入学式にも使えるサブバッグ
入試の時には、ひざ掛けやスリッパ、筆記用具、温かい飲み物など
親も結構、荷物が多くなるのでサブバッグ必需品です。
日能研の保護者会で配られる大量のテキストを入れるのにも
沢山入るこのバッグは重宝しました。
入学後の保護者会でも大活躍
↓ ↓ ↓

【便利なマグネット開閉】表面変化のあるボーダー織り★大きめフォーマル手提げバッグ